クリニックのパート看護師の口コミ

クリニックのパート看護師の口コミ

看護師の働く職場はたくさんあります。
病院、診療所やクリニック、老人ホームや訪問看護などが代表的な職場でしょうか。

看護師の働く職場で子育て中の人や子育てが一段落して働きたいけど、病院はちょっとブランクもあるし働けるか心配という方が選ぶのがクリニックなどのパートかなと思います。

クリニックで働くことと病院などで働くことの違いはなんなのか考えてみました。
それは、クリニックの場合は入院患者がまずきません。
場所によっては入院施設を備えているところもあるかもしれませんが、多くのクリニックや診療所、〇〇医院と名のつく場所は入院患者の対応がないため病院で働くことに比べたら体力的にも楽だと思います。
病院であれば、勤務終了時間ぎりぎりであれば対応しなければならないときがあり、残業となります。

上記で少し触れましたが、クリニックは診察時間が決まっており、診察時間外に診察をして欲しいという方も来ませんから残業になるほどの業務はないと思うため定時で業務が終了すると思います。
まぁ、なかには診察終了時間ぎりぎりに来院する方がいることもあるでしょうが、病院で働いて行う時間外労働に比べたら圧倒的に短いと思います。

クリニックで働くといいことばかりと思うかもしれませんが、ではクリニックで働くことのデメリットはどういうものかも考えました。

それはやはり技術面では学ぶ機会が少ない気がします。
クリニックなどでの技術は診療の補助的な比重が圧倒的に高く、行う技術も同じものの繰り返しになるため、一定の技術は身に付くかもしれないが、それ以外はまったく身に付かないということでしょうか。
病院であれば急変などがあり、その介助をすることがありますが、恐らくクリニックではそのような状況はあまりないと思います。

また、病院であれば夜勤などもあり、場所によっては二交替、三交替でメンバーが異なりますが、クリニックの場合は同じ顔ぶれで毎日仕事をするので合う合わないで働きにくい場合があります。

最期に、土日が休めるかどうかですが、病院は24時間年中無休で誰かしらが勤務しているため必ず休めるわけではありません。
クリニックも最近は土日でも開院して、平日のどこかで休診日があるなどをみることがあります。
クリニックだから土日は休みというのは場所によるとおもいます。
なのでクリニックで働きたいと考えているかたは働く先の診察日などを参考にして考えるといいかもしれません。

いかがでしたか。私が知っている範囲でクリニックの勤務状況についてまとめてみました。

2015年3月13日|