院内保育園の看護師の感想

院内保育園の看護師の感想

前の病院で、私が預けていた院内保育所は、生後2ヶ月から小学校低学年まで幅広く預かっていました。
就業時間のみの保育であり、自分の仕事が休みの日は預かってくれませんでした。夜勤の時の預かりもありますが、水曜と土曜のみでした。
基本的には一般の保育所の入所申請をしておいて、決まるまでの期間だけの預かりでした。
保育園は一軒家を借りてその中でみんなで過ごすといったような感じで、託児所扱いでした。
私の子供は生後2ヶ月から生後8ヶ月までレギュラーで預けていました。ほとんどベビーベッドに寝かされていましたが、6歳くらいのお姉ちゃんたちに遊んでもらったり、服を着替えさせてもらったりしていたようで、子供なりに楽しそうにしていました。
天気のいい日は散歩車に乗って近くの公園まで連れて行ってくれてました。夏は駐車場で家庭用のプールで水浴びをしてました。病棟から遊んでいる姿が見えたので、それは私にとっての楽しみでした。先輩は休憩時間に母乳をあげにいったりしていたし、子供と常に近くにいれるというのは院内保育所の利点であると思います。
食事は、基本的には私が持ってきたミルクと、病院から支給されるベビーフードでした。
年齢層がバラバラなので、夕方にはビデオタイムが始まり、みんなテレビの前に座っていました。教育という面では院内保育所で充実を図るのは難しいのかなと思います。
市の保育園が決まり、退所するときは、写真をアルバムにまとめてくれました。今考えれば、あんなにたくさんの年齢の子供達と一緒にすごすことはあまりできないので、いい経験だったと思います。
市の保育園が決まったあとは、日曜日や夜勤の時に預かってもらってました。しかし、しばらく行かなくなると、子供も不安になるみたいで、院内保育所を嫌がるようになってしまいましたので、途中から市の保育園のみで、家族に預けてました。また、夜勤のときは、夜勤入りは3時頃に市の保育園に迎えにいって院内保育所に入れ、夜勤明けは院内保育所から市の保育園に預けるという、保育園のはしご状態になったりするので、それも母親的には辛い気持ちになりました。
保育料は月2万円でした。市の保育園では39000円くらいしたので割安ではあったと思います。
今勤めている病院は、未就学児だけの預かりで、入所してる子が4人ほどしかいないのでもっとのびのびとできる環境かと思います。また、遊園地などに遠足もあるみたいです。入所している人数や、病院によって院内保育所の内容も大きく違うのではないかと思います。

2015年3月13日|